医療用アーム開発設計・特殊材の切削加工なら日逓テクノ工業株式会社

昇降・固定アーム情報

弊社で扱っているアームは先端部分に比較的重量物であるものを対象にしています。
固定アームは可動範囲・デザインだけでなく、溶接個所の信頼性を確保するために構造計算、破壊検査、切断面での確認、溶接同条件による作業の実現化を行っています。
また、昇降アームにおいては用途に応じてアーム機構を提供し、お客様のニーズにあったアームの開発を行っています。弊社の昇降アームはスプリングによる機構に特化しています。

アーム開発の流れ

1. 要件定義

どのような用途に使用するのか? → アーム形状
どのような動きを期待するのか? → アーム形状
どのような重量を動かすのか?  → スプリング仕様
どのぐらいの操作性を求めるのか?→ スプリング仕様

2. 開発・設計

設計仕様の策定・構想設計・基本設計・部分設計・機構モデルの製作・詳細設計・設計仕様の検証

3. 試作・評価

設計検証・設計修正変更・商品化試作・機能評価・性能評価・品質評価試験

4. 量産試作・量産

量産試作・設計修正変更・図面修正変更・量産品評価試験、生産・品質管理

主なアーム形状と動き

  • 平行リンク機構

  • リンク機構

  • カム機構

  • パンタグラフ機構

標準品

少数の製作の場合には、カバーの金型費用の1台当たりの負担が大きくなります。開発アームに比べ標準品のアームは、安価に提供できるメリットがあります。

標準品(リンク機構)

仕様 L=700前後 / 対象重量=2kg~7.5kg

パンタグラフ型昇降アーム

仕様 L=1000前後 / 対象重量=2kg~4kg

HOMEに戻る

PAGETOP

  • 【本社】
    東京都中央区新川1-22-12
    TEL:03-3551-7151
    FAX:03-5540-7377
  • 【足立工場】
    東京都足立区中央本町3-11-18
    TEL:03-3849-2713
    FAX:03-3849-2714
  • 【光学ラボ】
    東京都文京区白山1-19-14